Seminar | 講演

pic_seminar_kv

SNS時代のマーケティングを最適化する
戦略策定と効果測定の実践的方法論

arrow_seminar_kv

Seminar Theory

売上には「良い売上」と「悪い売上」がある

事業の将来性を予測するには、現在の売上・利益より、推奨者の比率を知るべき

pic_seminar01

「良い売上」比率を測る、究極の質問とは…

“推奨度”を測ることで、持続的成長力を測ることができる。

pic_seminar02

マーケティング課題の優先順位付けと予算配分の最適化

推奨度(ネット・プロモーター・スコア)ごとに、収益性と規模感をプロットすれば、
どのグループをどう動かすと、収益がいくら上がり、いくらまで投資できるかが分かります。
課題の優先順位付け、効果指数に基づく予算配分の最適化を実現できます。

pic_seminar03

Originality #01将来の収益性に直結する効果測定手法を提唱
「いいね!が何件増えました」「●●万人にリーチしました」という間接的な効果測定指標だけでなく、将来の売上・利益に直結する効果測定指標を設計し、日々の運用の中で実際に計測できるよう効果測定手法を組み込んだコンテンツ・マーケティングの実践的方法論をご提案します。
Originality #02課題に対する戦略立案の方法論を徹底解説
単に、優先課題を明示する“調査”で終わるのではなく、調査結果と、当社のWEB/SNSマーケティングの実践データ・ノウハウとを組み合わせ、優先課題に対する“戦略立案”の方法論を解説します。

Contents

SNS時代の最高効果測定指標
NPSに基づく予算配分の最適化
● SNS時代にNPS(ネットプロモータースコア)が最高指標であるべき理由
● NPSに基づく予算配分の最適化
● NPSに基づくコンテンツ・マーケティング実践論
● 自分事化 Work Shop
SNSマーケティング
戦略立案10大セオリー
● カスタマージャーニーマップ論
● コンテンツ企画論
● コンテンツ・マーケティング理論
● 口コミ論
● 集客論 他
● 自分事化 Work Shop
女性のSNS利用
スタイルと使い分け
● 国内主要SNS(Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube)概況と女性の利用スタイル
● SNS使い分け理論
–いかに選び、使い分け、連携させるべきか―
● リスク・マネジメント
● 自分事化 Work Shop

Profile

photo_seminar_kinoshita

(株)アゲハ代表取締役 木下優子

2008年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2010年、同大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程終了。

学部在学中に、「ユーザー参加型商品開発」などネット時代の新しいマーケティング論を構想し、研究の延長で、2008年4月(株)アゲハを設立。

女子大生の声をネット上で集い、かわいいパソコンケース、バッグなどのバッグブランドを立ち上げ、自社オンラインショップの他、大手百貨店等への卸販売も行い、ユーザーの声からヒット商品を生み出す実績をつくる。その実績を基に、徐々に企業のマーケティング支援の事業展開を行い、2011年以降、SNSを活用したマーケティング支援事業に本腰を入れる。

2011年から、ソフトバンクBB株式会社と共同で、Facebookユーザーの声からスマートフォンアクセサリーの商品化プロジェクトを実施し、「スマホウエア シュシュストラップ」等の商品をプロデュース。様々なメディアで先駆的取り組みを紹介すると共に、学術論文にまとめハーバード大学で行われたユーザーイノベーションの学会(Open&User Innovation Workshop)で発表するなど、先駆的な実践を理論化するマーケティング研究開発に一貫して取り組んできた。

「日経WOMAN」にて「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」若手リーダー部門に選出される。

講演実績例
  • ● マーケティング研究協会様 「ソーシャルメディア マーケティング実践講座」
  • ● 富士通様 地方自治体様向け「地域ブランド向上に向けたソーシャルメディアマーケティング」
  • ● 日本最大 販促マーケットの専門見本市「プレミアム・インセンティブショー 2015秋」
    特別講演「口コミを味方につける!ソーシャルメディアマーケティング戦略」
    他、多数
セミナー料金の目安
● 60分(講演40分+ワークショップ20分) 7万円〜
● 90分(講演60分+ワークショップ30分) 10万円〜
● 120分(講演80分+ワークショップ40分) 15万円〜

※上記に記載の対象者・講演内容を想定しており、企画の趣旨が異なる場合、内容のカスタマイズが必要になる場合、開催場所が東京以外の場合には、別途料金がかかる場合がございます。

お問い合わせ