生活・知恵

エディレコ[Edireco]の登録手順や使い方を分かりやすく解説!

「会員登録でいつも手間取ってしまう」
「実績がないからポートフォリオが作れるか不安」
「文字単価を少しでも増やしたい!」

こんな悩みを抱えていませんか?

しかし、安心してください。

エディレコ[Edireco]に登録すると、簡単にポートフォリオを作れ文字単価も上げられるでしょう!

この記事では、現役WEBライターである私が「エディレコ[Edireco]の登録手順」について隈なくリサーチし、初心者でもわかりやすいように解説しています。

この記事でわかる内容

  • エディレコ[Edireco]の会員登録の方法
  • ポートフォリオ作成方法
  • マッチングサービスの活用

WEBライターを始めたばかりの方から、ポートフォリオを活用して営業を始めたい方までぜひ参考にしてみてください。

文字単価UP!エディレコ[Edireco]の登録手順を3ステップで解説

エディレコ[Edireco]に登録するためには下記の手順で進めていきます。

  1. 会員登録する
  2. ペンネームを決めてポートフォリオを作成する
  3. テンプレートを使って個性を出す

ここでは、この手順について順番に詳しく解説していきます。

ステップ1:会員登録する

最初に、エディレコ[Edireco]のサイトから会員登録しましょう。

エディレコに無料登録する

会員登録はメールアドレスかFacebookやGoogleのアカウントで登録できます。

登録するとメールアドレスに認証コードが送られるので、サイトで認証コードを入力してください。

認証が完了すると、会員情報の登録に進みます。

会員情報の入力箇所は、以下の通りです。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住地
  • ログインパスワード

上記の通り、登録項目は少ないため登録に手間がかかりません。

会員登録が完了したら、早速ポートフォリオを作成していきましょう!

ステップ2:ペンネームを決めてポートフォリオを作成する

会員登録が完了するとマイページに移動できます。

マイページには「EDILENTにポートフォリオを登録する」と「ポートフォリオを追加する」と2つあり、どちらを選べばいいかわかりづらいかもしれません。

EDILENTはマッチングサービスのことなので、まずは「ポートフォリオを追加する」を選択してください。

ポートフォリオを作成する際に、ペンネームを設定しなければいけません。

ペンネームを決めたら、ポートフォリオを作成していきましょう!

自己PRを登録する

ポートフォリオを作成すると、編集画面に移動するので自己PRを登録していきます。

自己PRと聞くと「何を書けばいいかわからない」と悩んでしまいませんか?

エディレコ[Edireco]では、自己PRの書き方が例文を出しながら解説しているので、自己PRに苦手意識のある方も簡単に作成できます。

自己PRへのアクセスは以下の通りです。

  1. メニュー
  2. 使い方
  3. 応用編(Tips)

上記の順番で移動すると、解説が見られるので例文を参考にしながら作成してみましょう!

ステップ3:テンプレートを使って個性を出す

ここからは、作成したポートフォリオをより充実させていきます。

専門的な知識がなくても、誰でも簡単にデザインを決められるので安心してください。

デザインカスタム

デザインは3種類のテンプレートから選べます。

HTMLやCSSといった専門的な知識は必要としません。

デザインは以下の項目が変更できます。

  • 文字や背景の色
  • メインカラー
  • アイコン・タイトルの画像

プレビュー画面を見ながらカスタムできるので、初心者でも簡単におしゃれなポートフォリオが作れるでしょう!

スキルや経験の入力

スキルや経験の入力は選択肢が決まっているので、チェックを入れるだけです!

アンケートに答えるように回答するだけで入力が終わります。

スキルや経験の入力は以下の項目です。

  • 経験年数
  • 経験スキル
  • 職歴
  • 感心のあるジャンル
  • 扱える言語・資格
  • 趣味・スポーツ

入力が終われば、毎回内容を保存してください!

保存しないまま、次の項目に行くと入力した内容が全て消えてしまいます!

制作実績の登録

自分が執筆した記事や運営しているブログなどがあれば登録しましょう。

登録する際は必ず依頼を受けたクライアントへポートフォリオに登録していいか確認を取ってください!

自分が書いたからと勝手に登録すると著作権侵害になる可能性があります。

作成したポートフォリオでマッチングサービスを活用しよう

エディレコ[Edireco]でポートフォリオを作成したら、早速マッチングサービスで活用していきましょう!

作成したポートフォリオはEDILENTで登録できます。

EDILENTに無料登録する

EDILENTとはライターとクライアントをつなぐマッチングサービスです。

2021年2月にサービスを開始したばかりなので、案件数はまだまだ少ない印象があります。

しかし、ライバルも少ないので案件を獲得できるチャンスが多く文字単価UPも見込めるでしょう。

また、クライアントが直接指名してくれる機能もあるため、ポートフォリオを充実させる目標にもなります!

エディレコでポートレートを作り、文字単価をUPしよう!

この記事のポイント

  • エディレコ[Edireco]に会員登録する
  • ポートフォリオを作成する
  • マッチングサービスを活用する

エディレコ[Edireco]は簡単にポートフォリオを作成できるサービスです。

ポートフォリオがあれば案件の成約率は上がります。

エディレコ[Edireco]を上手に活用して、マッチングサービスなどで高単価の案件を狙い文字単価を上げていきましょう!

-生活・知恵

© 2022 くらしく