生活・知恵

「居住」と「住居」の違いや意味を徹底的に解説してみた!

「居住」「住居」は、どちらも「人が住んでいる」意味を持ちますが、以下のような違いがあります。

居住:家に住んでいる・住んで生活している

住居:人が住むための建物・住んでいる家

このページでは「居住」「住居」の違いについて、詳しい意味と具体的な使い方とともにわかりやすく解説しています。

「居住」と「住居」の意味と例文

まず、「居住」「住居」の、辞書での意味を見ておきましょう。

【居住】

住むこと。すまい。「—者」

引用:weblio国語辞典

 

【住居】

住んでいること。また、その場所や家。すまい。すみか。「—を定める」「—専用地域」

引用:weblio国語辞典

居住は「住んでいる人」・住居は「家そのもの」を指します。

居住が「人」・住居は「家」とも言えるでしょう。

また、住居は、「すまい」とも読みます。

【すまい】

住むこと。また、暮らし。生活。「ひとり—(ずまい)」「佗び—(ずまい)」

(「住居」とも書く)住んでいる家や所。「閑静な—」

引用:weblio国語辞典

これでは、どちらの言葉を使うのが適切なのか分かりませんよね。

以下で、より詳しい意味や例文を参考に、それぞれの違いを見ていきましょう。

「居住」の意味と例文

「居住」には、次のような意味があります。

  • そこに住んでいる人
  • 人が住んでいる家

また、住んでいる家を指すので、まだ人が住んでいない家は「居住」とは言えません。

では、例文を見てみましょう。

  • 郵便局の配達員は、新たに引っ越してきた方へ居住確認をする場合があります。
  • 工事するときには、全居住者に工事する旨を説明する必要があります。

どちらの例文も、住んでいる人に対し、確認説明するときに、「居住」と使っています。

普段、自ら「〇〇に居住しています」とは言いませんよね?

「居住」とは、住んでいる人に対して、相手が〇〇するときに使うのが一般的です。

ちなみに、英語では「housing」と表記されています。

【居住】

「英訳・英語」housing・residence

引用:weblio英和辞典・和英辞典

「house」と、進行形の「〜ing」が組み合わされた言葉です。

この英語の表記のされ方を見てもわかるように、家(house)人が住んでいる(〜ing)状態を表しています。

「住居」の意味と例文

一方、「住居」はどうでしょうか。

住居には、次のような意味があります。

  • 住むための建物
  • 住んでいる家
  • 暮らし・生活

こちらも例文を見てみましょう。

  • 人の住居に無断で侵入すると、「住居侵入罪」とみなされ、逮捕されます。
  • 地震によって、家が倒壊し、住むところを失った。

住居とは上記の通り、「住むための建物」・「住んでいる家」・「生活する」の意味を持ちます。

他人が生活している住居に、無断で侵入すれば、捕まります。

また、地震・災害などで被災すると、生活する場所を失います。

このように、人が生活している家を指すとき、「住居」と使うのが一般的です。

ちなみに、英語では「house」と表記されています。

【住居】

「英訳・英語」residence・house

引用:webilio英和辞典・和英辞典

この英語の表記を見てもわかるように、家(house)そのものを表しています。

「居住」と「住居」の違いまとめ

以上、「居住」「住居」の違いと、正しい使い分けは、おわかりいただけましたでしょうか?
最後にもう一度、使い分けのポイントをお伝えします。

居住:家に住んでいる・住んで生活している

住居:人が住むための建物・住んでいる家

しかし、英語では「居住」・「住居」ともに、residence」と表記されています。

どちらの意味も持っている言葉なので、使う場面に応じて、使い分けてみてください。

ぜひ、この記事を参考にして意味や使い方をマスターしましょう。

-生活・知恵

© 2022 くらしく