konkatu-yabaidansei-miwakekata

行事・イベント

婚活あるある【ヤバい男性】見分け方5選!付き合わない方が良い人の特徴とは?

「婚活してみたいけど、いい人と出会えるだろうか」
「友人から婚活にはヤバい男がいるって聞くけど大丈夫だろうか」
「ヤバい男がいるって聞くけどどんな男がいるの」
などと考えていませんか?

婚活にはヤバい男性がいるとわかっていても、どんな男なのか分かりませんよね。

そこで今回は、ヤバい男性の実態、そして見極め方について以下の内容をご紹介します!

  • ヤバい男性の見分け方5選
  • ヤバい男性を見抜くコツ

ぜひ最後までお読みください!

ヤバい男性の見分け方5選

それでは早速、ヤバい男性の実態、見分け方についてご紹介します。
これからの婚活で参考にしてみてください。

  1. 清潔感がない
  2. 会話のキャッチボールが出来ない
  3. お金にだらしない
  4. 亭主関白のような態度
  5. 女性に対して過度な期待をもっている

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

1.清潔感がない

  • 不衛生な身だしなみ
  • 身に着けているものが汚い、またはだらしない

結婚相手を探しにきている場にもかかわらず、第一印象で清潔感がないと感じてしまう男性は
残念ながらいます。
爪が長くて不衛生・靴が汚い・無精ひげ・黄色い歯など、その人の生活が垣間見えますね。

2.会話のキャッチボールが出来ない

  • 自慢話が多い
  • つまらない内容を話し続ける
  • 話し合いが出来ない

婚活の場では、限られた時間の中で会話をし、お互いを知ろうとします。
男性の中には、元々話すのが苦手な方もいますが、
聞いてもいない過去の自慢話やこちらが興味を持っていない話をし、
自分だけが気持ちよくなるヤバい男性もいます。
こちらの話を聞かずに一方的に話をされても「お互い」をよく知れません。
たとえお付き合いしたとしても、この先話し合いで苦労するのが目に見えていますので
注意が必要です。

3.お金にだらしない

  • お金がかかる趣味を持っている
  • ギャンブルが好き

恋愛にだらしない男性は、お金にもだらしない方が多いです。
金遣いが荒く、ギャンブル好きなど考えたくもありませんよね。
また、お金がかかる趣味をもっていると、デートの際に彼女の負担も大きくなる可能性もあります。
苦労するのが目に見えているヤバい男性は避けたいですね。

4.亭主関白のような態度

  • 自分だけのルールを持っている
  • 店員さんに対して態度が大きい
  • 上から目線

自分が一番偉いと思っている男性は、上から目線な態度をとる傾向があります。
初対面で上から目線で見られたり、店員さんに対して威張った態度をとったりする人は、亭主関白になる可能性があるでしょう。

5.女性に対して過度な期待をもっている

  • マザコン男性
  • 女性に対して理想が高すぎる

母親思いの男性は女性を第一に考えてくれる傾向がありますが、度がすぎるとマザコン男性になります。マザコン男性は精神的に自立できていないので、私生活でも自立できていないケースが多いです。
親からいつまでもお金をもらっていたり、家事が何もできなかったりと将来不安になります。マザコン男性は会話に母親の話題が妙に多いので注意しましょう。

また自立できていない分、女性に対して過度な期待をもっています。
料理がすぐに出てくる・おかずは3品以上・母親の味を求める・決断するときは全て女性・わがままを聞いてくれるなど、女性のスペックを異常に気にします。

文面を見るだけでも疲れますね...。

プロフィールでヤバい男性を見抜くコツ

婚活アプリや婚活パーティー、または結婚相談所ではプロフィールの記入が必須になります。
以下では、ヤバい男性をプロフィールで見抜くコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

  1. 女性に対する希望条件が多すぎる
  2. プロフィールの写真が自分以外の写真になっている
  3. 自己PRの文章量が少ない

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

1.女性に対する希望条件が多すぎる

たくさんある希望条件を譲れずに、理想の相手を追い求めているような男性はプライドが高く、そしてこだわりが強い可能性もあります。
亭主関白になったり、子育てや家事に対して協力的でなかったりと、
女性側が我慢しなくてはならない場面が増えてしまいます。

2.プロフィールの写真が自分以外の写真になっている

自分以外のスナップ写真に設定している男性は結婚相談所のコンシェルジュのアドバイスに耳を傾けない
「人の話を聞かない人」「ケチの人」「やる気があまりない人」
のような傾向が高いです。
アドバイスを聞けない人は今後なにか問題が生じてお互いの意見が衝突したときに話し合いができない可能性があります。

3.自己PRの文字量が少ない

自己PRの記入が少ない男性は婚活に対してやる気がなく、真剣に向き合えていないなどと
いった人が多くいます。
婚活に対して前向きではない男性と出会ったとしても、結婚につながる可能性が低く、
交際の時点で上手くいかないといった可能性もあります。

まとめ:ヤバい男性を見分けて、理想のパートナーを見つけよう!

以上、今回は「婚活あるある【ヤバい男性】見分け方5選!付き合わない方が良い人の特徴とは?」について紹介してきました。

今回の内容

・ヤバい男性の見分け方5選
・ヤバい男性を見抜くコツ

この記事を参考に婚活でヤバい男性を見抜き、あなたにとって最高のパートナーを見つけられたら幸いです。

それでは、今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

-行事・イベント

© 2022 くらしく