言葉の意味由来

パクリとオマージュの違いってなに?コンテンツ制作で大事な知識

「パクリ」と「オマージュ」は、どちらも「オリジナル作品が存在する」ことを意味していますが、以下のような違いがあります。

  • 「パクリ」:利益の為に創作的な表現を盗用している
  • 「オマージュ」:尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する

同じような作品やキャラクター・ストーリーなどを見た際に、パクリなのかオマージュなのかは、どこを境界線で分けたらいいのか判断が難しいですよね?

この記事ではそのような悩みや、「パクリ」「オマージュ」の違いについて詳しい意味とともに、コンテンツ制作における大事な知識を、わかりやすく解説していきます。

全く異なる!パクリとオマージュの違い

オリジナル作品に対しての感じ方、考え方が大きく違う点が違いになります。

まず「パクリ」「オマージュ」の意味を辞書で確認しておきましょう。

【パクリ】

盗作や盗品などを指す語。「パクる」の変化した語と解釈でき、「パクリ」と表記されることが多い

引用:weblio国語辞典

【オマージュ】

主に創作物において敬意を表明・表現することである

引用:weblio国語辞典

なんとなく違いは分かりますが、辞書の内容だけでは、中々使い分けをするのは難しいですよね。

筆者も調査するまで、人に伝えるには違いが分かりにくいと感じていましたので、下記で解説していきます。

ポイント

  • パクリの意味
  • パクリの例
  • オマージュの意味
  • オマージュの例

では、順番にみていきましょう!

パクリの意味

オリジナル作品を元に、あたかも自らの表現であるかのように、盗用したものがパクリに該当します。

作品元の評価を自分の評価にする為の行為であり、非常に悪質な行為ですね。

摘発するには、「第三者」あるいは「作品元の作者」が指摘しなければいけません。

パクリの例

パクリ作品として、一時賑わした漫画を紹介します。

  • 「クロスハンター」と「ドラゴンボール」:セリフ・表情・設定・行動と類似点が多すぎる
  • 「メガバガ」と「デスノート」:セリフ・表情・設定・行動に加えほぼ類似点しかない

ドラゴンボールとデスノートは、大人気作品かつアニメ化などもあり、誰でも名前を聞いたことはあるかと思います。

パクリ作品と呼ばれたものは打ち切りになり、マガジン週刊社が謝罪を行うまで発展したものもあり、悪質と判断されたものもありました。

この例は相手が人気過ぎる作品ゆえに、すぐに暴かれましたが判断の難しい作品も、世の中には多数存在します。

良い作品だからこそパクられる傾向は高く、イメージが強い分似てしまうケースはあるかと思いますが、悪意をもった類似作品は創作しないようにしましょう!

オマージュの意味

尊敬するオリジナル作品に影響を受け、さらに独自の要素を加えて自分の作品を作る意味で使われます。

似ている作品でも、独自性が加わると新しいオリジナル作品になりますね。

オマージュの語源はフランス語で「hommage」、意味は「尊敬」・「敬意」です。

パクリと同じように作品は似ても、元の作品に対しての考え方やアレンジが加わる点で、別物と扱われます。

では、こちらも例をみてみましょう!

オマージュの例

分かりやすい画像がありましたので、下記をご覧下さい。

どちらも世代は違いますが、人気作品ですよね!

パクリアニメであれば、話題性も生まれず人気は出ないでしょう。

このように過去の人気作を尊敬するがゆえに、作品が似てくるケースはあります。

ですがオリジナリティが加わると、全く新しい作品となり人はオマージュと判断します。

オマージュは著作権に気をつけよう

著作権とは画像や文章、音楽などの「著作物」を独占利用できる権利です。

基本的には、著作権元に確認し承諾を得てから使用するものですね。

「パクリ」は著作権侵害に該当しますが、「オマージュ」は該当しないケースがほとんどです。

ただし、人によってはオマージュもパクリと捉えられる場合がありますので、読者や視聴者が分かる程度にオマージュを取り入れ、オリジナリティが高いコンテンツを創作しましょう!

パクリとオマージュの違いに気をつけて創作活動しましょう!

パクリと判断されないポイントは、元のオリジナル作品に対して、下記が確認できているかです。

  • オリジナリティを加えているか
  • 著作権に抵触していないか

これらを守れていれば、何も心配なく新しいコンテンツを生み出せますよ

この記事が、新しい創作に活かすきっかけとなれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-言葉の意味由来
-

© 2022 くらしく