生活・知恵

暗記するのに有効なのは【青ペン・オレンジペン】どっちなの?効果的な使い方!

この記事では、勉強に使われる青ペン・オレンジペンについて使い方をご紹介します。

  • 暗記に向いているのは青とオレンジと聞いたけど、どちらの方が適しているの?
  • どれを選んだらいいのがわからない!
  • 勉強に集中できる暗記方法を学びたい

このような疑問にお応えします。

なぜなら私自身も勉強の効率を上げようと思い、暗記をするためにペンの色で悩んでいたからです。

しかし今では色の効果を学んだおかげで暗記出来る文字が増えて勉強が楽しくなりました。

そこで今回は、青ペンとオレンジペンの中で暗記に適している色を解説していきます。

この記事を読むことで

・青ペンやオレンジペンの色が、勉強の効率を高め暗記を定着させる理由

・青ペンやオレンジペンが心身をリラックスさせる効果について

がわかります。

最後まで記事を読むことで、青ペンやオレンジペンの有効な使い方を知ることができますよ。

暗記するのに有効なのは【青ペン・オレンジペン】どっちなの?

暗記をするのに有効なのは、青ペンとオレンジペンのどちらでしょうか?

結論から言うと、暗記に有効なのは青ペンとオレンジペンの両方です。

では、青ペンとオレンジペンがどうして暗記をするのに有効なのか、理由を説明します。

 

青ペンは記憶を定着させる効果があり!

青ペンで文字を書くと、他の色より脳が活発に動き、暗記を深く定着させる効果があります。

なぜなら青を見ることによって、

  • 集中力を高める
  • 興奮を抑え、心を落ち着かせる

という心理効果があるからです。

そのため、青ペンは暗記に適していると言えるのです。

 

オレンジペンは緊張を和らげる効果があり!

オレンジペンは青ペンと同様、暗記の学習の効果があります。

オレンジは、

  • 緊張和らげ力を出せる状態にする

という心理効果が現れます。

最近は、スマートフォン向けのアプリと連動して使えるものがあります。

それは、「スマートフォン対応暗記」です。

こちらは、ボールペンタイプとマーカータイプの2種類あります。

ボールペンタイプとマーカータイプの基本的な使い方は、下記のYouTube動画をご覧いください。

使い方は、動画で詳しく説明しています。

 

青ペンの効果的な使い方

青ペンの効果的な使い方は、暗記したい箇所を文字や文章を青ペンを使って書いていくというシンプルな勉強です。

それがテレビ番組紹介されていました、女子大生が自ら考案した『偏差値39から東大に受かった暗記術』です。

偏差値が39だった女子大生の勉強方法は、ノートやご自身の手に青ペンで文字を書き続けひたすら暗記するものでした。

なぜ青は、人間の脳に効果があるのかご存知でしょうか。

冒頭でも説明した通り、なぜなら

青ペンの効果

  1. 集中力を高める
  2. 食欲をコントロールする
  3. 興奮を抑え、心を落ち着かせる
  4. 時間を遅らせる
  5. 視覚効果
  6. リラックスさせる鎮静効果

6つの心理効果があるからです。

 

オレンジペンの効果的の使い方

オレンジペンの心理効果のまとめは以下の通りです。

スマートフォン向けのアプリ「スマートフォン対応暗記」以外に、勉強中に役に立つのがお馴染みの「赤いシート」です。

オレンジペンの上に赤いシートを敷くと、文字が黒くなり見えなくなりますよね。

一度書いただけで何度でも暗記の復習が出来るので、時間をかけず学習が出来ます。

もし手元に赤いシートがない場合は、100円均一または文房具店で揃えることができますよ。

 

オレンジの心理効果のまとめは以下の通りです。

オレンジペンの効果

  1. 食欲を増進させる
  2. 穏やかさを感じ陽気な気分になる
  3. エネルギーと開放感を与える
  4. 親しみが生まれ仲間意識が高まる
  5. 緊張を和らげ力を出せる状態にする

上記の効果が現れます。

まとめ

今回の記事は、暗記するのに有効なのは【青ペン・オレンジペン】どっちなの?効果的な使い方を紹介しました。

  • 青ペンやオレンジペンは、暗記に適している色
  • 青ペンは記憶を定着させる効果がある
  • オレンジペンは緊張を和らげる効果がある

ぜひ勉強する際には、上手に色を使い分けて暗記をしてください。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

-生活・知恵

© 2022 くらしく