subconscious-order

生活・知恵

【保存版】願いが叶いやすいコツ!潜在意識へのオーダー法!

「叶えたい目標があるのに、願っても願っても叶わないな…」
「願いを次々と叶えている人と、そうでない人って一体なにが違うのかな?」
「何か願いを叶える良い方法って無いのかな?」

こんな悩みを抱えていませんか?

しかし、安心してください。

この記事では、現役WEBライターである私が「潜在意識へのオーダーの手順 / 方法」について隈なくリサーチし、初心者でもわかりやすいように解説しています。

この記事で分かる内容

  • 自分が本当に願っていること
  • 願いをイメージで把握する
  • 潜在意識に願いを届ける方法

初心者の方から、今まで何度もチャレンジしたが叶わなかった方まで、ぜひ参考にしてみてください。

【保存版】願いが叶いやすいコツは「潜在意識」へのオーダー

潜在意識は意識全体の9割以上を占めていると言われています。

日常行動からひらめきや直感、そして思考まで、私たちの生活そのものをコントロールしているといっても過言ではありません。

100ある力のうち、10が顕在意識で90が潜在意識だとすると、潜在意識を活用するだけで何倍もの力を発揮します。

つまり、この潜在意識に上手に願いを届けるだけで、理想の状態へ自然に日常行動や思考が向き、願いが叶いやすくなるわけです。

しかし、そのオーダーを潜在意識に届けるためには手順とコツがありますので、この記事ではそれらを詳しく解説します。

最後まで読むと、正確に潜在意識へオーダーを出せて、願いが叶いやすくなりますよ。

潜在意識へのオーダー方法を3ステップで解説!

潜在意識にオーダーするためには下記の手順で進めていきます。

  1. 願いを明確化する
  2. 言葉でなくイメージでオーダーする
  3. 理想のイメージを何度も見返す

ここでは、この手順について順番に詳しく解説していきます。

ステップ1:願いを明確化する

最初にみておきたいのが、願いの明確化です。

願いが明確なつもりでも少しずれていたり、よく考えると実は違っていたりと、ニアミスが多い部分でもあります。
ここは面倒がらずに、じっくりと時間をかけましょう。

例を挙げますと、
「宝くじ当たんないかな~」よくこんな話しを耳にしませんか?
そしてこの話しの続きで多いのは、「〇億円あったら何する?」ではないでしょうか。

これが願いのニアミスです。
願いは「宝くじに当たること」ではなく、「宝くじが当たった先に待っている優雅な生活」であることが分かります。

明確化のポイントは、「○○したい!」と浮かんだら、「なぜ○○したい?」と考えること。
これを何度も繰り返すと願いのニアミスは解消され、願いが明確化されていきます。

なぜ○○したい?

  • お金が欲しい→【なぜ?】→お金で解決できる不満や不安を解消したい
  • ○kgまでダイエットしたい→【なぜ?】→理想体重を維持し健康的な生活を送る
  • 海外旅行に行きたい→【なぜ?】→非日常体験で日頃のストレスから解放されたい

ぜひ実践してみてください。

ステップ2:言葉でなくイメージでオーダーする

次に、イメージでオーダーすることを見ていきましょう。

潜在意識は言語が届きにくい性質をもっています。
故に言葉ではなく、イメージでオーダーすると良いでしょう。

これは私たちがレストランで、メニューを見ている場面を想像してください。

例えば、「鶏肉とハーブのサラダ:700円(税別)」とただ書かれている場合よりも、

subconscious-order

このように写真が表示されている方が、イメージがしやすいですね。

ハーブと鶏肉以外にも、ゆで卵やトマトが入っていること、どんなドレッシングがかかっているのか、写真から読み取れる情報が多くあり、内容を把握する時間も少なくて済みます。

潜在意識も同じと考えてください。私たちと同様に、言葉で詳細を説明するよりも映像として伝えた方が、潜在意識には伝わりやすいのです。

願いをイメージに変えて、潜在意識に届けましょう。

ステップ3:理想のイメージを何度も見返す

最後は、理想のイメージを何度も見返すことです。

潜在意識は過去の経験などによって無意識のうちに蓄積された価値観、習慣、思い込みから形成され、言動や思考を支配する存在です。

例えば、小学生の頃に何度も算数のテストで100点を取った人は、「算数が得意」と自己認識します。

その自己認識が自然に、算数の授業でまじめに先生の話を聞けるといった現象を起こし、次のテストでも高得点を実現します。

大切な事は達成経験を蓄積すること。

達成経験を何度も積み重ねることで、潜在意識を通じて「できる」と自己認識させると、自然に思考や行動が理想の方向に向きます。

自分の中で作り上げた理想のイメージを何度も見返すことで、願いを叶えた経験が蓄積され、思考や行動が理想に向いていく仕組みを活用しましょう。

意識せずとも思考や行動が理想の方向に向き、願いが叶いやすくなります。

潜在意識にオーダーする際の2つのポイント

潜在意識にオーダーする際には、ポイントが2つあります。

  1. 自身のマインドを整えてからオーダーする
  2. マイナスのイメージを取り除く

どちらも大切な部分になりますので、特に注意が必要です。

それでは順番に見ていきましょう。

1.自身のマインドを整えてからオーダーしよう!

潜在意識はより強い情動をくみ取り、それに反応する働きがあります。

例えば、「今月は家計がピンチ、お金が足りない!」と焦っている時に、余裕をもって過ごせているイメージをオーダーしても、残念ながら願いは叶いません。

なぜなら、不安や恐れから潜在的にお金が無い状態を強くイメージし、そちらの方に思考が働いてしまうためです。

ここでポイントになるのが、マインドを整えることです。

限られた資金をいかに使うか、支出を削れるところはないかなど、冷静に検討し、ある程度の打開策を見つけたうえで、ピンチを脱したイメージを潜在意識に届けると良いでしょう。

不安や恐れは潜在意識の大敵と肝に銘じ、それらの感情を整理した上で、潜在意識にオーダーするよう心がけましょう。

2.マイナスのイメージを取り除こう!

潜在意識はインプットされたオーダーを、精密に実現してくれます。
しかし、注意したいのがオーダーの内容です。

例えば「ビーチリゾートで夏を過ごしたい!」とオーダーした場合。

「過ごしたい!」=「過ごせていない」となり、過ごせていないマイナスのイメージが届きます。従って、オーダーを出す際は「過ごした状態」プラスのイメージを届けるのがポイントになります。

「○○したい!」ではなく、「○○した!」と実現している状態をオーダーする。

それをこのようなイメージで、潜在意識に届けると良いでしょう。

subconscious-order

ビーチリゾートで過ごすときの空の青さ、透き通った海、カーペットのように柔らかい砂浜。

その時の自分の感情はどうか。

ワクワクしている、幸福感を感じている、リラックスした気持ちなど、プラスの感情を持ってオーダーすると効果的です。

潜在意識にオーダーして願いを叶えよう!

この記事のポイント

  • 願いは明確化してミスオーダーをなくす
  • イメージでオーダーし、潜在意識に分かりやすく届ける
  • 達成体験のイメージを蓄積し、思考や行動を理想に向ける

ここまで潜在意識にオーダーする手順とコツについて解説してきました。

私自身もはじめは、潜在意識にオーダーするだけで願いが叶いやすくなる?と半信半疑でした。

しかし、理屈や仕組みを理解し実践することで多くの願いが叶いました。

さあ、願いを叶えられず悶々とする日々は終わりです。

みんなで願いを叶えて、より幸せな人生を歩みましょう!

-生活・知恵

© 2022 くらしく