why-donot-buy-over-the-counter-shampoo

生活・知恵

【闇】なぜ市販のシャンプーは買ってはいけないのか?危険すぎる理由

市販のシャンプーは買ってはいけないと聞いたけど、どうしてかな?
なぜ、市販のシャンプーは危険といわれているのだろう?
安全なシャンプーを知りたいな。

などと考えてはいませんか。

店舗で買えるものからネットで購入するものまで、様々な種類のシャンプーがあってどのシャンプーを選んだらよいかわかりませんよね。

この記事では現役Webライターの私が「市販のシャンプーを買ってはいけない危険な理由」を徹底的に調査し、わかりやすく解説しています。

この記事でわかること

  • 市販のシャンプーが危険といわれている理由
  • 頭皮のトラブルを起こす成分

参考にして満足するシャンプーを選んでくださいね。

市販のシャンプーはトラブルが起きやすいため買ってはいけない

市販のシャンプーを使って頭皮がかぶれたり、髪がきしんだりとトラブルが起きた経験はありませんか。

私はフケがたくさん出て困った経験があります。

これはシャンプーに含まれている成分が肌質や髪質に合わないと起こります。

洗浄力や泡立ちよくするために配合された成分が、フケや頭皮のかぶれ、アレルギーなどを引き起こすため市販のシャンプーは買ってはいけないと言われているのです。

市販のシャンプーに含まれる危険な成分

シャンプーは毛髪や頭皮についている汚れや皮脂を洗い流し、清潔に保つのが主な役割ですよね。

洗浄成分、保護・補修成分がシャンプーの主な成分。この成分が肌トラブルを引き起こす原因になっています。

ここではシャンプーに含まれている気を付けたい成分を紹介します。購入する前にチェックしてみてくださいね。

1:界面活性剤

多くのシャンプーに配合されている界面活性剤。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる成分で、強い洗浄力があり肌の油分を取るため、地肌の乾燥を引き起こし肌トラブルの原因になります。

毛先がパサついたりゴワついたりするのは、界面活性剤が頭皮ばかりでなく髪の油分も奪ってしまうからです。

また、肌への刺激も強く敏感肌の人は界面活性剤が入っていないシャンプーを選ぶとよいでしょう。

界面活性剤の種類

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • オレフィン(c12-14)スルホン酸Na
  • オレフィン(c14-16)スルホン酸Na
  • 石けん素地
  • ステアリン酸
  • オレイン酸

2:タール系着色料

ピンクやパープルなどの色がついてきれいなシャンプーは、見た目もよくつい手に取ってしまいますよね。

きれいな色を出すために使われている「タール系着色料」は、化学合成された色素。頭皮や紙に大きな負担をかける原因なのです。

タール系着色料の影響でただれや乾燥などの肌トラブルやアレルギーが引き起こされることもあります。

見た目で判断してはいけないのですね。

タール系着色料の種類

  • 赤色〇号
  • 黄色〇号
  • 青色〇号

3:防腐剤

市販のシャンプーにはカビや細菌を防ぐ「パラペン」や「フェノキシエタノール」が含まれていて、これらの成分に刺激を感じる人もいます。

特に敏感肌の人は刺激を感じやすいので、防腐剤入りのシャンプーは避けるようにしましょう。

また、最近ではイソチアゾリノン系防腐剤で、頭皮のかゆみなどのアレルギーを起こす人も増えています。

イソチアゾリノン系防腐剤も成分を確認するようにしましょう。

防腐剤の種類

  • メチルパラペン エチルパラペン
  • フェノキシエタノール
  • サルチル酸
  • ソルビン酸
  • メチルイソチアゾリノン
  • メチルクロロイソチアゾリノン
  • おすすめはアミノ酸系シャンプー

    では、どのようなシャンプーだったら安全なのでしょうか。

    おすすめはアミノ酸系のシャンプーです。アミノ酸は人の体を作っているたんぱく質の一番小さい成分です。そのため体に影響が少なく低刺激で優しい洗いあがりになります。

    アミノ酸成分が含まれたシャンプーは、ほかのシャンプーと比べると価格が高くなります。

    アミノ酸成分の種類

    グルタミン酸系 ココイグルタミン酸Na ココイルグルタミン酸TEA ラウロイルグルタミン酸TEA
    アラニン系 ココイルメチルアラニンNa ラウロイルメチルアラニンNa
    グリシン系 ココイルグリシンNa ココイルグリシンTEA ココイルグリシンK
    タウリン系 ココイルメチルタウリンNa ラウロイルメチルタウリンNa
    サルコシン系 ココイルサルコシンNa ココイルサルコシンTEA ラウロイルサルコシンNa
    アスパラギン酸 ラウロイルアスパラギン酸Na

    自分に合ったシャンプーで頭皮トラブルを防ごう

    毎日使うシャンプーだからこそ安心して使いたいですよね。

    そのためには髪質や肌のタイプを知り、自分に合った成分が配合されているシャンプーを選びましょう。頭皮のトラブルもなく美髪になれたらうれしいですね。

    ぜひこの記事を参考にしてお気に入りのシャンプーを見つけてください。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    -生活・知恵

    © 2022 くらしく