yellow-base-fasion

生活・知恵

イエベ春・秋に似合わない色は?キレイに見えるファッションのコツも解説!

友達と同じイエローベースの肌なのに、似合う色が違うのはなぜ?

ブルーが好きだけど、着るといつも顔色を悪く見られる。

カラー診断をしたら、好きな色が似合わない色だった!

このような経験はありませんか?

私はパステル系の色のトップスを身に着けると、顔がくすんで見えます。

その原因がパーソナルカラー講座を受けてわかりました。

私の肌の色・イエローベース秋は、パステルカラーを苦手な色としていたのです。

そこでこの記事では私が講座で学んだ内容を踏まえ、イエローベースの肌=通称「イエベ」春・秋さんに似合わない色、おしゃれのコツを徹底解説していきます。

この記事でわかる内容

  • イエベ春・秋に似合わない色を徹底解説
  • おしゃれのコツ4ポイント

この記事を最後まで読むと、様々な色を取り入れるおしゃれのコツがわかり、ファッションの幅が広がるようになりますよ。

イエベ春・秋に似合わない色を徹底解説

黄みの強い肌の「イエベ」さん。

イエベさんは皮膚の下を流れる赤みの強い血流、動脈の影響を受ける肌を持っている人です。

赤い血管の影響があるイエベさんは血色を感じやすく、健康的に見えるのが特徴です。

このイエベさんには春・秋2つのタイプがいます。

ではこの2つのタイプについて以下で見ていきましょう。

 

イエベ春の特徴:エネルギッシュ

イエベ春さんは、春にお花が咲くようなイメージ。

明るくて若々しいエネルギッシュな雰囲気を持っている方です。

  • 髪:ライトブラウン系で、繊細な髪質・ツヤがある
  • 肌:明るめのトーンのクリームベージュ肌でツヤがある
  • 瞳:ライトブラウン系で白目と黒目のコントラストが強い
  • 頬:血色感があり、赤みがでやすい
  • 唇:血色感のあるピーチ色

芸能人だと本田翼さんや、佐々木希さんがイエベ春タイプになります。

お二人とも元気で若々しいイメージがありますね。

 

イエベ春のNGワード「暗・重・寒」

春のお花のような明るく軽やかなイエベ春さんに似合わない色は「暗い・重い・寒い」色です。

それってどのような色?
こちらの色です。


暗い色の代表は1段目の「黒・ダークネイビー・ダークブラウン」です。

イエベ春さんがダークとついている色を身に着けると、地味で暗い印象を与え、華やかでかわいい雰囲気が消えてしまいます。

重い色の代表は2段目の「モスグリーン・オリーブブラウン・チョコレートブラウン」です。

軽やかな印象のイエベ春さんが、この深く重い色を身に着けると、ぼんやりとした印象を与えてしまいます。

寒い色の代表は3段目の「ブルー・バイオレット・ネイビー」です。

春の暖かさを持っているイエベ春さんが寒色系を取り入れると、若々しさがなくなり、お肌がくすんで老けて見えます。

 

イエベ秋の特徴:シックで都会的

イエベ秋さんは、熟した果実や紅葉のイメージ。

穏やかな温かみがあり、シックで都会的な雰囲気を持っている方です。

  • 髪:黒に近いダークブラウンで、質感がマット
  • 肌:黄みの入った濃い肌色。マットで厚みのある肌質
  • 瞳:深みのあるディープな色合いで、白目と黒目のコントラストがソフト
  • 頬:血色感が少なく、赤みが見えにくい
  • 唇:少しくすんだ橙系の赤色

芸能人だと北川景子さんや、米倉涼子さんがイエベ秋タイプになります。

お二人とも知的で大人っぽい雰囲気がありますね。

 

イエベ秋のNGワード「明・軽・寒」

しっとりシックなイエベ秋さんに似合わない色は「明るい・軽い・寒い」色です。

こちらがイエベ秋さんに似合わない色です。

深い色合いの得意なイエベ秋さんが1段目のような明るい色、いわゆるビビッドカラーと言われる原色や、ショッキングピンクなどを身に着けると、顔色が沈んで不健康に見えます。

2段目の軽い色・パステルカラーをシックな雰囲気のイエベ秋さんが身に着けると、顔立ちがぼやけてしまい不自然な印象を与えます。

3段目の青みの強い、寒い色もイエベ秋さんには不向きです。

イエベ秋さんは肌に赤みが少ないので、青みがかった色を身に着けると血色が悪く不健康に見えてしまいます。

おしゃれのコツ4ポイント

似合わない色を身に着けると、血色が悪く見られがちなのですね。
そうですね。逆にお肌の色をとても引き立ててくれる似合う色も、春・秋それぞれにありますよ。

 

イエベ春は明るく鮮やかな色がお似合い

イエベ春さんは、春に咲く花やフレッシュなビタミンカラーのフルーツのような色が得意です。

顔まわりに黄色味のある明るい色を持ってくると血色が増し、いきいきとした表情に見えます。

ライトグリーンやサーモンオレンジなど明るくカラフルな色や、温かみのある黄色味がかった色をどんどん取り入れてみてください。

 

イエベ秋は深みのある穏やかな色がお似合い

イエベ秋さんは秋の果物のような温かみがある色や、枯葉のような深い渋みのある色が得意です。

重厚感のある暗めの色や、深みのあるアースカラーもイエベ秋さんなら地味になりません。

カーキやマスタード・ゴールドなど深くて温かみのある色を取り入れると、ゴージャスで艶やかになり、さらに都会的になりますよ。

 

似合わない色にはイエベ色をプラス

似合う色はわかりました。だけど私、似合わない色の中に好きな色があるので、使えませんか?
そのような時はイエベ色をプラスしてみてください。

イエベ春・秋共通して似合わない色にブルーとグレーがあります。

まず人気のある鮮やかなロイヤルブルーを見ていきましょう。

この色を身に着けるとイエベ春さんもイエベ秋さんも、顔色が色に負けてくすんでしまいます。

そこでこの色にイエベの得意な黄色を足してください。

するとグリーンに近いブルーになり、イエベ秋さんの得意な深いブルー「ティールブルー」になります。

イエベ春さんにはティールブルーだと少し重いので、軽くするためにを足しましょう。

イエベ春さんに似合う明るい色「ターコイズ」になりましたね。

冷たいグレーもイエベ春・秋さんの顔から血色を引いて、顔色を青白くし不健康に見せます。

そこで温かみを加えるために、この色にイエベの得意な黄色を足します

イエベ秋さんが得意な「オリーブグレー」になりました。

イエベ春さんの場合、オリーブグレーは深い色なので、グレーに黄みの強いベージュを足していきます。

イエベ春さんの得意な、柔らかい色「グレージュ」ができあがりました。

グレーは「お助けグレー」と言って、どんな色にも合わせられる万能な色です。

自分に合うグレーがあるとおしゃれの幅が広がるので、ぜひ似合うグレーを見つけてください。

似合わない色でもイエベの得意な色・黄色を足したような色、重すぎる場合はそこに白を加えて使うと、イエベさんでも似合う色になるのがわかりましたね。

似合わない色は黄色みを加えた色で、取り入れてみてください。

 

似合わない色を使うなら顔から遠ざけた配色に

ターコイズブルーのようなクリアな色をそのまま使えませんか?
そのような時は、似合わない色を顔から遠ざければ大丈夫ですよ!

色は顔の近くに行けば行くほど、色の影響を与えやすくなります。

似合わない色は顔からなるべく離し、顔まわりに似合う色を持ってくれば良いのです。

服に似合う色を取り入れて、似合わない色は靴やバックなどの小物に使えば大丈夫。

似合わない色を服に取り入れたい場合は、例えばブルーのスカートにベージュのカットソーのように、似合わない色をボトムスに、似合う色をトップスに持ってくれば問題ありません。

似合わない色のコートを持っているのですが、使えませんか?
では直接顔に近づけないで、ワンクッション入れましょう。

似合わない色をトップスやコートなどのアウターに使いたい場合は、似合う色のマフラーやスカーフなどを巻いて、直接似合わない色を顔に当てない、これがポイントです。

色を使いこなしてご機嫌な楽しい毎日を

 

この記事の内容

イエベ春・秋に似合わない色を徹底解説

おしゃれのコツ4ポイント

 

について解説しました。

この記事を読んで似合わない色の取り入れ方もわかったので、これからは似合わないからと敬遠する必要がなくなりましたね。

記事にあるように色味や配色を工夫して、自分の好きな色を身に着けてハッピーな毎日をお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

-生活・知恵

© 2022 くらしく