dance-shoes

レジャー・祭り

ダンス用の【滑りやすい靴】が欲しい!選び方のヒントとお勧めのメーカー

  • ターンやスライドのとき、靴が引っかかる
  • 足運びをもっとスムーズにしたい
  • ターンの回転数を多くしたい

と、お困りの方は多いのではないでしょうか?

こんなとき、練習と同じくらい重要になるのが「シューズ選び」です!

シューズを変えただけで、今までの悩みが一気に解決したら嬉しいですよね。

そこでこの記事では、

「滑りやすい靴」とは?

靴の選び方は?

結局どのメーカーの靴を買ったらいいの?

このような疑問にお答えします。

最後まで記事を読むことで、ダンス用の滑りやすい靴やお勧めのメーカーがわかりますよ。

【ダンス用】滑りやすい靴!選び方のヒント

一言で「滑りやすい」といっても、どの程度の「滑りやすさ」が求められるのか。

それはダンススタイルや個人の考え方などに左右され、一概には言えません。

自分の求めるダンスシューズは、どのように選んでいくのか、一緒に見ていきましょう。

ダンススタイル

ダンスには様々な種類があり、それによってシューズの選び方も変わってきます。

滑りやすい靴をお探しということは、ターンやスライドが多く、床の上をなめらかに動く必要がある、ということですよね。

しかし、滑りやすい靴はターンやスライドにはうってつけですが、当然、グリップは弱め。細かいステップや切り返しの多いスタイルには向きません。

自分の踊りたいスタイルにはどの程度の滑りやすさが良いのか、考えてから買うようにしましょう。

NG:ランニングシューズ

ランニングシューズをダンスシューズ代わりにするのはおすすめできません。

理由は、靴の想定している動きが、ランニングとダンスでは全く違うからです。

ランニングは前後に、ある程度規則的に負荷がかかります。対して、ダンスは前後左右、しかも瞬発的に負荷がかかります。

よって、ランニングシューズをダンスシューズにすると、すぐ破れたり、ソール(底)がはがれたりします。

 

 

ソールの種類

ダンスシューズのソールの素材は、革製とラバー(ゴム)製があります。

革製は非常に滑りやすく、ターンがしやすいです。しかし、何度も使用するうちに、革の表面がツルツルになり、床によってはグリップ(踏ん張り)が効かなくなります。

ラバー製はイメージ通り、滑りにくいため、重心の移動や踏み込みも体に負担がかかりづらいです。最初は滑りにくく不便に感じますが、馴染んでくるとある程度滑るようになってきます。

ダンススタイルがジャズダンス寄りのときは革製のソール、ヒップホップやハウス寄りのときはラバー製のソールが良いでしょう。

 

ハイカットorローカット

ダンスシューズの形に、ハイカット(足首まで高さがある)とローカット(くるぶし付近までの高さ)があります。

ハイカットスニーカーはデザイン性を重視したもので、踊りに対してはメリットがありません。

足首を固められるため、靴ずれをしやすい側面も。

しかし、ダンスを踊る人にとって、モチベーションはかなり重要です。「カッコいい靴を履いて、自分のモチベーションをあげたい!」など理由があれば、もちろんハイカットも良いでしょう。

 

 

値段:コスパのいい靴を選ぼう

ダンスシューズは1万円弱~2万円くらいまでを目安に選びましょう。

ダンスシューズは、いわば消耗品。それくらい出すとなると、ちょっと勇気がいるかもしれませんね。

もちろん安い靴がすべて悪いわけではありませんが、すぐ壊れてしまうようでは、結果的に高くついてしまうかもしれません。

それだけではく、本番中はもちろん、練習中でも壊れてレッスンを中断するのは嫌ですよね。

場合によっては怪我をしてしまうかも。それでは本末転倒です。

次々買い替えるのも一つの手ではあります。しかし、自分のダンススタイル合ったシューズを長く履いた方が上達も早くなります。

たとえ2万円のシューズを買ったとしても、5年履けば年間4000円のコストです。そう高くはないですね。

 

注意!

ダンスシューズの中にも、粗悪品はあります。

画像のような「ヒールマーク」がつくシューズは、使用が禁止されているスタジオもあります。

安物、無名ブランドのスニーカーは、特に注意が必要です。

一般的なスポーツメーカー、有名ブランドメーカーの靴はヒールマークがつかないことが確認されており、安心です。

ヒールマークがつかないシューズを履くことは、ダンサーのマナーでもあります。ご注意ください。

【定番、人気】おすすめのメーカーとシューズ

「大手メーカーが安心なのは分かったけど、結局どれ?」

やはり具体的なシューズを見たいですよね。

ここからは、ダンサーに人気、定番であるダンスシューズをご紹介します!

 

adidas(アディダス)

ROD LAVER(ロッドレーバー)定価12,500円(税込)


よく滑るうえ、ソールが丈夫なことで人気があります。

まるで少し浮いているようなスライドができると、一部のダンサーにとっては手放せない一足です。

VANS

FALKEN(ファルケン)定価7,750円(税込)


軽くて踊りやすく、クッション性も優れています。

程よく滑るので、どんなステップでもコントロールしやすいシューズです。

JADE

JADE(ジェイド)定価15,400円


ダンサーが企画した、ダンサーのためのダンスシューズです。HATA RIE、KENZOと人気、実力ともに兼ね備えたダンサーとのコラボレーションシリーズを展開しています。

滑りやすく、ほどよいグリップも効いている、まさに痒いところに手が届くシューズです。

まとめ:【滑りやすい靴】おすすめはこの3つ!

選び方のポイント

  • 自分の踊りたいダンススタイルに合うか
  • ジャズダンス寄りは革製のソール、ヒップホップやハウスならラバー製のソール
  • 値段は1万円弱~2万円程度

【滑りやすい靴】おすすめはこの3つ!

  • adidas:ROD LAVER(ロッドレーバー)
  • VANS:FALKEN(ファルケン)
  • JADE

シューズ選びは、練習と同じくらい重要です。

自分の足にあった、お気に入りの1足をぜひ探してみてくださいね。

これぞ!と思う1足を相棒にすれば、あなたのダンスはより輝くことができます

それでは、素敵なダンスライフをお過ごしください!

 

-レジャー・祭り

© 2022 くらしく