genius-children

生活・知恵

【天才の特徴】5選!凡人にはない幼少期の特性とは?

多才な活躍を見せるタレント、経営者、スポーツ選手など、「天才」と呼ばれる人たち。

彼らは、一般の人と何が違うのでしょう。

この記事では、

  • 天才の特徴5選
  • 天才の幼少期の特徴とは

以上について解説していきます!

【天才】とは?

てん‐さい【天才】 天性の才能。生れつき備わったすぐれた才能。また、そういう才能をもっている人。「―を発揮する」「―ピアニスト」

引用元:広辞苑オンライン

天才とは、ある分野において非常に突出した能力を持つ人です。

発想力、創造力、行動力、身体能力など、周りに「どんなに努力しても敵わない!」と思わせるほど優れています。

他の追随を許さないほど、非常に高いパフォーマンスをあげる人を「天才」と呼びます。

【天才の特徴】5選!

具体的に、天才の特徴を見ていきましょう。

あなたの周りの「天才」にも、当てはまる内容があるはずです!

集中力が高い

天才は、集中力が高く、寝食を忘れるほど自分の得意分野に没頭します。

周りに話しかけられても、それに気が付かないほど集中していることもザラです。

集中しているときと、そうでないときの成果の差は、あなたも実感としてありますよね。

天才は、要領よくパパッとこなせるイメージがありますが、没頭している分野においては、むしろ逆です。

誰よりも時間を費やし、まさに「天才的な」集中力で何時間も、何日も、何年もその分野に没頭し続けます。

心も体も一点集中させてフル回転できるのが、天才と呼ばれる人たちです。

探求心が止められない

「なぜ?どうして?」と思ったことに対し、自分が納得するまで理解を深め続けます。

教科書に載っていなくても、ありとあらゆる手段を使って探究していくのが天才です。

むしろ、結論が出ていない分野こそ、分からないからこそ面白い!と言わんばかりに真実を求め続けます。

この探求心により、新しい発見、技術開発など、歴史に名を残す偉業が達成されます。

常識にとらわれない発想ができる

天才は、ときに優れた創造力を発揮します。

普通の人であれば、特に年を経るごとに固定観念に囚われ、常識や当たり前を重要視していきます。

しかし、天才はそのような固定観念を崩すことを恐れず、常に新しい考え方や方法を実行します。

これは、単に発想が自由すぎるというわけではなく、膨大な知識量に裏付けされています。

前述のゆるぎない探求心は、しばしば自身の専門分野をも超えて、自分が必要だと思った情報を取りに行かせます。

全く別の分野からの発想も取り入れ、いくつも組み合わせることにより、凡人ではできない発想や創造力につながります。

天才の発想力、創造力はその膨大な知識量から産まれているのです。

会話のテンポが早い

頭の回転が早いため、自分の頭の中で考えているペースで話すと、会話のテンポも早くなります。

頭の中で処理されている情報量が多く、そのスピードも早いため、言葉として出てくる頃にはもう次のことを考えているような状態です。

聞いている側は、どんどん次の話題に移り、脈絡がないと感じることさえあります。

周囲から浮いてしまうことがある

天才は、往々にして「ちょっと変わった人」と見られがちです。

周りにはない考え方をして、会話のペースも合わない人は、どうしても浮いてきますよね。

天才からすると、自分の考えや会話のペースに、周りがついてこないだけです。

それを気にして周りと合わせるか、というとそうでもなく、天才の興味は自分の研究対象に注がれています。

これにより、天才は「マイペース」「協調性がない」などと言われてしまうのです。

幼少期の特性とは?

天才たちの幼少期には、どのような特性があるのでしょうか。

幼少期は、思ったことがそのまま言動に現れることが多く、よりその特性が顕著です。

幼少期ゆえの困りごともあるので、その特性を理解していきましょう。

言葉が早い

大人と同じように、会話のペースも同世代と比較すると早めです。

それだけではなく、大人のような言葉で、しかも理論的に話せます

同世代の子どもとは、会話の内容や言葉の量が合わず、大人と話すほうが楽しいと感じる子も多くいます。

記憶力、理解力が並外れ

一度見ただけの国旗や標識、虫の名前などを覚えてしまうなど、驚くべき記憶力を見せます。

数字にも強く、暗記や暗算が得意であることも多いです。

また、理解力も高いため、月齢よりずっと上のおもちゃで遊べることも。

例えば、これは「型はめパズル」といって同じ形のピースをくぼみにはめ込む、定番のおもちゃです。

対象年齢は1.5~2歳ですが、天才の中にはもっと小さな月齢からスムーズに遊べる子がいます。

心と体の成長と、知的能力の成長スピードが合わない

天才と呼ばれる人も、心と体の成長は一般人と同じです。

脳の発達に体の成長がついていかず、言葉がむしろ遅くでるケースもあります。

頭では多くの言葉を理解しているのに、体はそれを発言できるだけの成長をしておらず、うまく言葉が出せなくなるのです。

また、大人が驚くような知識を持っていても、感情のコントロール能力は年相応です。

それにより、同世代の子どもたちとの会話や遊びが難しいこともあります。

まとめ

いかがでしたか?

天才の特徴を知っておけば、あなたはその才能をより引き出せるはず。

天才の特徴5選!

  • 集中力が高い
  • 探求心が止められない
  • 常識にとらわれない発想ができる
  • 会話のテンポが早い
  • 周囲から浮いてしまうことがある

あなたの周りの天才は、その突出した才能ゆえ、浮いてしまうかもしれません。

そのような時、天才のよき理解者として、ともに高みを目指す仲間になりましょう!

天才の隣で刺激を受ければ、あなたの人生はより輝くはずです。

-生活・知恵

© 2022 くらしく