get-healthy-bread

生活・知恵

市販の無添加食パン5選!コンビニ&スーパーで買えるおすすめ!

「子供に安全な無添加の食パンを食べさせたいけど、どこで売っているの?」
「無添加の食パンって、専門店で売っていて高そう。」
「気軽に無添加の食パンが手に入ったらいいのに。」

などと考えていませんか?

無添加の食パンを生活に取り入れたいと考えていても、値段が高そうだし、どこで手に入るのかよく分かりませんよね。

そこで今回は、無添加の食パンについて以下の内容を紹介します!

  • コンビニ&スーパーで買える無添加食パン5選!
  • 添加物入り食パンが危険な理由

2022年9月現在で公開されている情報を徹底的に調査しましたので、ぜひ最後までお読みください!

コンビニ&スーパーで買える無添加食パン5選!

それでは早速、コンビニ&スーパーで買える無添加食パンについてご紹介します。
意外にも身近で購入できるので、参考にしてみてください。

  1. セブンブレッド(セブンイレブン)
  2. 超熟(パスコ)
  3. パン・ド・ミ(イオン)
  4. 金の生食パン(セブンイレブン)
  5. 超熟国産小麦(パスコ)

 

1.セブンブレッド(セブンイレブン)

「ふんわりくちどけの良い食パン」として売り出しているのが、セブンイレブンのセブンブレッド。

原材料にはマーガリンではなくバターを使用。

乳化剤やイーストフードなどの添加物は使用されていません。

値段は6枚切り、8枚切りともに172円(税込み)。

お店で売っている他の食パンとあまり変わらない値段ですので、手軽に買えてうれしいですね。

商品ページ:セブンプレミアム

 

2.金の生食パン(セブンイレブン)

「ふんわりもっちりとした食感に仕上げた、リッチな味わい」とうたっているのが、セブンイレブンの金の生食パン。

原材料には国産小麦を使用しています。

添加物であるマーガリン・イーストフード・乳化剤は使用していません。

こちらは2枚入り192円(税込み)と4枚入り375円(税込み)とあります。

コンビニやスーパーで売っている食パンの中では少々高めですが、小麦が国産だったり、無添加だったりと安全性が高いので、より健康志向の方におすすめです。

商品ページ:セブンプレミアム

 

3.パン・ド・ミ(イオン)

イオンが「気になるものは入れない、いらない」をコンセプトに展開している食品の1つが、このパン・ド・ミ。

マーガリンを使わず、オリーブオイルを用いて風味豊かに仕上げたのが売りの食パンです。

イーストフードも乳化剤も使用していません。

山型6枚スライス、5枚スライスは各159円(税込み)。

角型6枚スライス、5枚スライス、4枚スライスは各170円(税込み)。

オリーブオイルを使用しているため、軽い口当たりです。

全国のイオンやイオンスタイル、イオンのネットスーパーでも販売しているので、購入しやすいですね。

商品ページ:イオントップバリュ

 

4.超熟(パスコ)

「余計なものはいれない、あんしんなパンを届けたい」の思いが詰まっているパスコの食パン、超熟。

イーストフードと乳化剤は使用していません。

またバター入りマーガリンを使用していますが、トランス脂肪酸は含まれていないので安心です。

スーパーでは5枚入り、6枚入りともに170円(税込み)くらいで購入可能です。

私が見たところ周辺のスーパーでは、ほぼ販売していました。

またコンビニでも見かけました。

購入場所、値段とともに手に入れやすく、うれしい商品です。

 

5.超熟国産小麦(パスコ)

「国産小麦の小麦粉を100%使用したこだわりの角形食パン」がパスコの食パン、超熟国産小麦。

イーストフードと乳化剤が不使用というだけでなく、原材料にもこだわっています。

小麦粉だけでなく、バターも国産のものを使用しているのです。

私の家の近くのスーパーでは5枚入り、6枚入りが各340円(税込み)で販売していました。

Rakutenのネットスーパーでは5枚入り、6枚入りが各323円(税込み)で購入可能です。

スーパーで並んでいる他の食パンに比べると値段が張ってしまいますが、無添加で原材料を国産にこだわっていてこの値段。

安いですよね。

より安心なものを、と考えている方にはぜひお手に取っていただきたい食パンです。

添加物入り食パンが危険な理由

そもそも添加物はどうして危険と言われているのでしょうか?

実は添加物の中には一括での表示を認められているものがあり、どの物質が入っているのかわからないものがあるのです。

何が入っているのかわからないのは、ちょっと怖いですよね。

食パンに使用されている添加物はいくつかありますが、その代表的なものがイーストフード乳化剤です。

このイーストフードと乳化剤、食品表示基準で複数の化学物質の一括表示を認められており、まとめて表記しているのです。

イーストフードの中には、塩化アンモニウムを含まれる可能性があります。

塩化アンモニウムは大量に摂取すると、吐き気や嘔吐、さらには昏睡を起こす場合があるのです。

乳化剤の中には、ショ糖脂肪酸エステルが含まれる場合もあります。

ショ糖脂肪酸エステルは一部で奇形や染色体異常が指摘され、妊婦は控えるべきだといわれています。

添加物入り食パンには、これらが入っているかもしれないのです。

食品衛生法で使用を認められているとはいえ、多少なりとも体に悪影響のものが入っているのは心配ですよね。

その点、添加物が入っていない無添加食パンは安心感がありますね。

まとめ:市販で買える無添加食パンで安心・安全な食生活を

以上、今回は「市販の無添加食パン5選!コンビニ&スーパーで買えるおすすめ!」について紹介してきました。

今回の内容

  • コンビニ&スーパーで買える無添加食パン5選!
  • 添加物入り食パンが危険な理由

 

スーパーやコンビニで手ごろな価格の無添加食パンが手に入ることがわかりましたね。

この記事を参考にぜひ、安心で安全な食生活を手に入れてみてください。

それでは今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-生活・知恵

© 2022 くらしく