美容・コスメ

【初心者向け】マスカラのコームとブラシの違いやそれぞれの利点を解説!

「今使っているマスカラがいまひとつ……」

「もっと目に印象つけられないかな」

「自分に合ったマスカラってどれなんだろう?」

と、考えていませんか?

マスカラはさまざまな商品があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

筆者も、メイクを始めた頃はマスカラが上手に使えませんでした。

今では納得できるマスカラに出会いましたが、それまで何本もマスカラを購入して試した経験があります。

 

そこで、この記事ではいろいろなマスカラを試して、自分に合うマスカラを見つけられた私が、

  • マスカラのブラシとコームの違い
  • それぞれの利点
  • おすすめのマスカラ

をご紹介します。

最後まで読むと、あなたの目元の悩みに合ったマスカラが選択できますよ。

マスカラのコームとブラシの違い

マスカラのコームとブラシの違いは以下の通りです。

  • コーム:櫛の形をしており、長さを出すのが得意。
  • ブラシ:ブラシのようにたくさん毛が生えており、ボリュームを出すのが得意。

 

コームタイプは先端が櫛のような形をしており、まつ毛を梳かすように使用します。

目元がはっきり見えるようなボリュームは出ませんが、元から長かったかのような長さのある綺麗なまつ毛になりますよ。

ボリュームは出しにくいので、元からまつ毛が太く、量も多い方に向いています。

 

ブラシタイプは先端の形状が、ブラシのようになっています。

マスカラ液がブラシにたっぷりからまり、まつ毛にもしっかりとマスカラ液が塗れるので、ボリュームが出やすく目元がはっきりするでしょう。

そのため、まつ毛が細い方や少ない方や目元を強調したい方におすすめ。

ブラシ部分のたくさんの毛が細かいまつ毛を拾ってくれて、しっかりマスカラ液が塗れますよ。

コーム型マスカラの利点

コーム型マスカラは、マスカラ液のつく量が適量なのでダマになりにくく、セパレートしたまつ毛にしやすいのがメリットです。

櫛で梳かすように塗るので、塗っている間に隣とくっついてしまうのを防止。

1本1本が元々長かったかのように見せてくれ、まつ毛の長さを出してくれるのです。

 

また、カールを重視したい方もコームタイプが良いでしょう。

ダマになってしまうとマスカラ液が重たくてまつ毛が下がってしまいますが、コーム型のマスカラなら1本ずつ繊細に塗れるのでカールがキープしやすくなります。

 

塗る時には、ジグザグと横に動かすのではなく根元に当てて数秒キープし、力を抜いてスッと撫でるようにします。

そうすると、マスカラ液が根元にはしっかりつくのに、まつ毛は綺麗にセパレートしているように見えるのです。

ぱっちりした印象を出しつつ、濃くなりすぎないナチュラルな雰囲気に仕上がりますよ。

 

ボリュームは出にくいので、気になる場合はボリュームが出るタイプのマスカラ下地を併用すると良いでしょう。

ただし、コームタイプを出しているメーカーも少ないので、選択肢は少し限られてきますね。

ブラシ型マスカラの利点

マスカラと言われて想像するのがこのタイプでしょう。

ブラシの細かい毛の間にたっぷりとマスカラ液が絡まり、まつ毛にもしっかり塗れるためボリュームアップしやすいのです。

店頭でもっとも種類が豊富で、ブラシの形状も太いものや細いもの、曲がったものなど様々あるので、使いやすいものを見つけやすいかもしれません。

短い毛や下まつ毛も拾いやすいので、マスカラの扱いに慣れていない初心者にもおすすめ。

 

ブラシは細いほどダマになりにくいので、最初に選ぶ場合はブラシの太さにも注意してみましょう。

先端にかけて細く、尖るタイプだと、細かいところが塗りやすいので目頭・目尻・下まつ毛にもしっかり塗れますよ。

 

こちらは塗る時に、ジグザグと左右に揺らしてしっかりとまつ毛にマスカラ液を絡ませましょう。

まつ毛が太くなると、密度が増し濃くはっきりとした印象に見せられますよ。

 

しかし、液がつきやすいことでダマになりやすいというデメリットも。

少しずつ塗ったり、塗った後にマスカラコームを使用したりすると綺麗に仕上げられますよ。

コーム型マスカラのおすすめ商品

初めはプチプラのもので試してみたい、手軽に購入したいという方に、ドラッグストアで購入できる商品を2点。

最初から良いものを、もしくは次に買うものを悩んでいる方に、デパコスから1点ご紹介します。

  • 〈プチプラ〉ラッシュエキスパンダー ロングロングロングEX / マジョリカマジョルカ
  • 〈プチプラ〉スカイハイ / メイベリンニューヨーク
  • 〈デパコス〉ウォータープルーフ マスカラ デュオ / ポール&ジョー

1つずつ見ていきましょう。

ラッシュエキスパンダー ロングロングロングEX / マジョリカマジョルカ

ドラッグストアでも購入できるプチプラ商品なので、最初の1本におすすめです。

繊維が入っているのでとても長さが出て、伸びがよくダマにもなりにくいのが特徴。

落ちても繊維が落ちるような感じでパンダにならず、メイク直しがとっても楽なのです。

コームが大きいサイズと小さいサイズの2種類付いており、小さい方は目頭や目尻の細かいところも塗りやすいですよ。

スカイハイ / メイベリンニューヨーク

コームが5列になっており、ブラシとコームのいいとこ取りができる形状になっています。

5列も並んでいるコームが、短いまつ毛や下まつ毛もしっかりキャッチしてくれ、長さを出せますよ。

キープ力もしっかりあり、真夏+マスクでも崩れなかったという口コミもありますので、崩れにくいものをお探しの方にはピッタリです。

ウォータープルーフ マスカラ デュオ / ポール&ジョー

デパコスからはこちらをご紹介します。

コームとブラシのツインヘッドになっており、コームでセパレートさせつつ、ブラシでボリュームも出せるんです。

コームだけ、ブラシだけ、の使い方ができるので、3WAYの使用ができますね。

カールキープ力がしっかりあるので上向きまつ毛を長時間保てますよ。

ブラシ型マスカラのおすすめ商品

ブラシ型のマスカラからも、ドラッグストアで買えるものを2点、デパコスを1点ご紹介します。

  • 〈プチプラ〉アイエディション(マスカラ)エアリーマットタイプ / エテュセ
  • 〈プチプラ〉塗るつけまつげ ラッシュアップE / デジャヴ
  • 〈デパコス〉グラヴィティレスマスカラ / エレガンス

1つずつ見ていきましょう。

アイエディション(マスカラ)エアリーマットタイプ / エテュセ

ブラシが極細なので、短いまつ毛や下まつ毛も逃さずキャッチしてくれるため、綺麗にマスカラ液が塗れますよ。

ボリュームはあまり出ないのですが、綺麗にセパレートできてナチュラルな雰囲気に仕上げられるので、学校などの派手にできない時には特におすすめです。

極細ブラシがダマになりにくいので、重ねづけしやすく、マツエクをしたような自然な濃さを演出できるでしょう。

塗るつけまつげ ラッシュアップE / デジャヴュ

超極細三角ブラシが細かい毛にもしっかり塗れるので、毛量が少ない方や長さがまばらな方にもおすすめです。

フィルムタイプでお湯だけで落とせるので、クレンジングでゴシゴシする必要がなくまつ毛にも優しいですよ。

落ちてしまった時にもパンダ目にもならず、滲みにくいのもポイント。

ボリュームを出したい場合は、少し物足りなさを感じるかもしれないので、ボリュームタイプのマスカラやマスカラ下地を併用してみてくださいね。

グラヴィティレスマスカラ / エレガンス

長さとボリュームの両方を程よく上げてくれ、ナチュラルな印象に仕上がります。

マスカラ液に重さがなく、カールキープ力もとてもあるので、1日上向きまつ毛で過ごせますよ。

ブラシが適度にカーブしているので、まぶたに沿わせやすく塗りやすいのもポイント。

自然に綺麗なまつ毛を目指したい方にぜひ試していただきたい商品です。

まとめ:目元の悩みに合わせてマスカラを選ぼう!

マスカラのコームとブラシの違いをそれぞれまとめると、以下になります。

コームの特徴

  • 櫛のような形
  • 元々まつ毛の量が多い
  • 長さを出すのが得意

ブラシの特徴

  • 細かい毛がたくさんついたブラシ状
  • まつ毛の量は少なめ
  • ボリュームを出すのが得意

マスカラによって、目元の印象は大きく変わります。
筆者は、長くセパレートしたまつ毛が理想だったので、コームタイプのマスカラを使用しています。

おすすめの商品もご紹介しましたので、長さを出したい方はコームタイプを、ボリュームを出したい方はブラシタイプのマスカラを検討してみてくださいね。

ぜひ参考にしてあなたの理想のまつ毛を手に入れましょう!

-美容・コスメ
-

© 2022 くらしく