よくある質問集【Q&A】

こちらのページでは、これまでに多くのパートナー様から寄せられた質問をまとめています。

疑問や分からない点はだいたい網羅されていますので、ザッと目を通して頂ければと思います。

 

ライティングに関して

調べても情報が全くなかった場合

ニュース記事においては、「調べても情報が全く得られなかった」ということも少なくありません。

ただし、情報がないからといって「調べたけど分かりませんでした」とだけ記入してしまっていては、読者の気分を害してしまいます。

→よくこういった記事を見かけますが、悪いお手本として(反面教師として)習ってください。

 

そもそも、記事の役割は2つあり、「問題を解決すること」と「検索時間の短縮に貢献すること」です。

調べても情報が得られなかった場合は、後者の視点に訴求していきましょう。

 

例えば、

SNSやその他の公式メディア、○○を専門に取り扱っている個人ブログなど、2021年◯月時点で公開されている情報を隈なくチェックしましたが、××かどうかの情報はありませんでした。

読んだ人は、「現時点で情報は一切ないんだな」と検索を終えることができますよね。

 

または、

○○が××かどうかの情報はありませんでしたが、SNSでは視点を変えて、こんな視点に注目しているユーザーがいるようです。なるほど、たしかにその観点はあり得るかもしれません。

読んだ人は、「そうか、なるほどね」と一応の納得はでき、検索を終えることができます。

 

ちなみに、正確な情報が求められる報道記事などとは違い、個人メディア(Garden)は主観が含まれてもOKです。

既成事実の羅列よりも、

  • ライターのオリジナルの考えや感情が盛り込まれている
  • 経験談などを交えて自由な視点で書かれている

などの記事の方が、よほど読者にとって為になります。

もちろん、「不確定要素を断定するような表現」や「憶測の決めつけ」などの配慮は必須です。記事は、読み手と書かれる側に配慮すべきなので、誹謗中傷等には細心の注意を払うようにお願いします!

ツイッターの効果的な検索方法

Twitterで検索するときは、人がつぶやきそうなリアルな言葉を意識してみましょう。

例えば、「スタバの新商品」の口コミなどをツイッターで調べたい場合。

仮に正式名称が「ほうじ茶&クラシックティーラテ」であっても、わざわざ正確に言葉を入力してツイートする人はいません。

そんなときは、

  • ほうじ茶ラテ 美味しい
  • ほうじ茶ラテ まずい
  • スタバ ほうじ茶ラテ
  • スタバ 新商品 ラテ
  • スタバ ティーラテ

のようにキーワードを区切って検索すると、多くのつぶやきが出てきます。

なお、検索結果の表示方法は「話題のツイート」ではなく「すべてのツイート」で表示させてください。

「みなさん」はNG?

そもそも記事というのは、読み手との一対一のやりとりです。ラブレターと思って貰っても大丈夫です。

不特定多数に見られるのでよく混同されがちですが、本来は”特定の”ターゲットに対して情報を伝えるものなので、その観点から「みなさん」は不適となります。

改行するタイミングは?

結論、絶対的正解なルールはないので、文脈とバランスを見て整えましょう。

強いて言えば、逆説の接続詞や「そして」や「または」などは、新しく書き出す言葉に改行すると不自然のない形になりやすいです。

Twitterやインスタグラムは埋め込んで良いの?

結論として、くらしくでは個人のSNSの埋め込みはOKです。

但し、ライターとしてのマナーや所作は必ず覚えておくようにしましょう。

SNSの埋め込みに関して、各メディアの公式見解では

  • Twitter:埋め込みを使用するのであれば、著作権に当たらない
  • Instagram:埋め込みであっても、著作権に当たる

以上のように声明を出しています。

要するに、画像のスクショや加工などは論外として、Twitterは埋め込みであればOK、Instagramはいかなる場合においてもNGとなります。

ですから、ライターの基本的なマナーとしては必ず著作権の保有元に確認を取ってから使用するのがマナーです。(Twitterに関しては、聞いた方が丁寧だが聞かなくても良いです)

但し、ライターは人様のメディアで執筆するのでクライアント(依頼主)の意向もチェックするようにしましょう。

クライアントが「責任は持つので、ライターは何も気にせずInstagramなどを使用して良い」との方針を持っているのであれば、ライターはそれに従う必要があります。

こと「くらしく」においては、何かあった際の責任は私たち管理人が負いますので、ライターの皆様には「 Twitter」や「Instagram」は著作権元に承諾を得なくても使用してもOKです。

但し、誹謗中傷に当たるものやどこかをスクショしてきた投稿などはNGとします。

 

コピペチェックツールの基準に関して

基本的に記事を作成する際には「類似度判定」「一致率判定」「テキスト間判定」の3項目を「良好」にしておくようにしましょう。

【要注意】や【コピーの疑い】が出た場合には、記事中で使われている表現方法を変えたり、オリジナリティのある独自の意見を付け足したりといった修正を加えてパーセンテージを下げてください。

 

調べた時点で情報が全くなかった場合

例を挙げると、10月時点であるブランドの福袋に関する記事を書いてください、と依頼があったとします。

この場合、10月時点で1月の最新情報が得られるとは考えにくいのですが、このような場合には【前年度の傾向】や【現時点で得られる小さな情報】から推測で書くようにしましょう。

執筆するメディアにも寄りますが、特に個人メディアの場合、正しい情報よりも個人の感想や憶測を求められるケースが多いです。

また、その際は必ず「○○月時点の情報です」と明記するようにしてください。

参考記事:https://ageha-inc.jp/costco-cake/

 

文字数が1,500文字にも満たないのですが大丈夫でしょうか?

くらしくは、1,500文字といった決まった文字数よりも「そのキーワードに対する結論に求められる文字量」を重視しております。

その為、500文字で簡潔にまとまるのであれば500文字でも構いません。

 

TwitterやInstagram、YouTube以外のものを掲載したいのですが…

具体例として、「V LIVE」を使用する場合ですが基本的には利用しないでください。

但し、文脈からその動画が必須であれば許可する場合もありますので、一度管理者へご質問いただければと思います。

 

リード文を書くのに悩んでしまいます…

リード文を書くのに慣れるコツは、まずは決まった型通りに書くことです。

詳細は、トップページの【基本】記事の構成とライティングのコツの動画をご視聴ください。

 

※随時更新中

 

HOMEへ戻る

© 2021 くらしく