made-ha-itumade

言葉の意味由来

「まで」とはいつまでを指す?含むか含まないか問題を徹底リサーチ!

○○日までに提出、作成しなければならないものがある、普段の生活の中でそんな場面ってよくありますよね。

そういった時に、

  • 「○○日までっていつまで?」
  • 「○○日って当日も含むの?」
  • 「当日になるまでなのか当日が終わるまでなのかどっち?」

など、わからなくなった方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「までとはいつまで」なのかわかるように、よく使われる例文を交えて解説していきます。

最後までお読みいただければ、「まで」が「いつまで」か正しく理解できるようになりますよ。

「まで」とはいつまでか:当日を含む

「まで」は当日も含まれる表現です。

「10日まで」が提出の締め切りと言われたら、10日が終わるまでに提出しましょう。

しかし、普段何気なく使っているため、曖昧に考えている人も多いと思います。

ビジネスシーンや学校での提出など、曖昧にしておくとトラブルを生む場合もあるので、「まで」の詳しい意味を理解し、例文を見ていきましょう。

「まで」の意味

「まで」には、距離的・時間的な限度・範囲・到達点を表す意味があり、「○○まで」と場所や時間などの終わりを示す表現として使われます。

間違われやすいのは、「10日まで」といった期日の指定を「10日になるまで」と解釈してしまう間違いです。

指定された日を含む指定された日が終わるまでと理解しておくとわかりやすいので覚えておきましょう。

また、ビジネスシーンや役所への提出などは、その日の終業時間内を意味するので遅れないように注意する必要があります。

よく使われる「まで」を用いた例文

「まで」がよく使われる場面は、期日や期限を示す時です。

例文を見てみましょう。

  • 4月10日までに納品してください
  • 20日までに資料を作成する
  • 10日までにご連絡差し上げます
  • 8時までに書類を提出する
  • 金曜までに終わらせなければならない
  • 来週までお休みです

までは「○○まで」と言われた場合はいずれも、指定された日付や曜日時間を含むと考えてください。

「まで」と同じ意味の似た表現

「まで」と似た表現はいくつかあります。

同じようなシチュエーションで使われる言葉なのでなおさら混乱するかもしれませんね。

意味は同じようでも、少し違ったニュアンスを含んでいる場合もあるので注意してください。

それぞれの使われ方を知っておけば、曖昧さがより明確になり、わかりやすく理解できるようになります。

例文を交えて紹介しますので、ここで似た表現について知っておきましょう。

○中に

「○中」は、「まで」と同じように期限を示す言葉です。

  • 明日中に提出してください
  • 10日中に終わらせてください

といった表現で使われます。

言葉は違いますが、「まで」と同じで当日を含む意味なので、そのまま置き換えて使うことが可能です。

「まで」より意味が間違われにくい言葉でもあるので、こちらを使ったほうが相手に伝わりやすい場合もあると覚えておきましょう。

○いっぱい

「○いっぱい」は、基本的に「まで」と同じ意味の言葉ですが、広い範囲を表す際に使われる場合があります。

  • 4月いっぱいはかかりきりで忙しい
  • 今月いっぱいに提出しなければならない

このような表現でも「まで」と同じように、指定の期日が終わるまでと考えましょう。

また、「いっぱい」は指定された期間の限度ぎりぎりまでといったニュアンスをより強調するために使われる表現でもあります。

同じ意味の言葉でも、適した使い方があるかもしれないので注意してください。

まとめ:「まで」は当日を含んだ表現

「まで」は指定された日、当日を含む表現でした。

しかし、今回あなたが疑問を持ったように、その人が必ずしも「まで」を正確に使えているかはわかりません。

「10日まで」と伝えられても、その人にとっては「10日になるまで」と言いたかった場合もあるかもしれません。

そのため、普段から当日ではなくできるだけ余裕のある提出を心がけたり、いつまでなのか相手に確かめたりするのが、マナーでもありお互いのためになると覚えておきましょう。

-言葉の意味由来
-

© 2022 くらしく