opinion-meaning

言葉の意味由来

「異議」「異義」の違い!使い分けを例文で解説!

  • 「異議」「異義」は、どちらも「異なる点について表現する」意味ですが、以下のような違いがあります。
  • 「異議」は、一つの意見に対する反対や不服を表現する意見
  • 「異義」は、一つの言葉に対する異なった意味

このページでは「異議」「異義」の違いについて、詳しい意味と具体的な使い方とともにわかりやすく解説しています。

「異議」と「異義」の意味と例文

まず、「異議」「異義」の辞書での意味を確認しておきましょう。

【異議】

一つの意見に対して、反対または不服であるという意見

引用:Weblio国語辞典

【異義】

異なった意味

引用:Weblio国語辞典

なんとなく違いはわかりますが、辞書に書かれている内容だけでは使い分けをするのはなかなか難しいですよね。

以下で、より詳しい意味や例文を見ながらそれぞれの違いを確認していきましょう。

 

「異議」の意味と例文

「異議」の意味は、【ある意見に対して、反対や不服を表現する考え】を示します。

「異」の意味は、【他と違っている】【普通ではない】です。

「議」の漢字は、「ごんべん」と「義」が組み合わさってできています。

「ごんべん」の意味は、【慎んで言う】です。

「義」の意味は、【話し合う】【意見する】【批評する】です。

以上の内容から、「異議」は【他と違っている意見に対して気をつけて意見する】、つまり【一つの意見に対して反対の考えを示す】意味になると言えます。

例文を見てみましょう。

  • 契約書の内容に納得できないので、異議を申し立てる。
  • 友人が立てた旅行計画は完璧なものなので、異議はない。

「契約書の内容に納得できない」は、提示されている内容に反対の考えを示す状況を表しています。

「旅行計画の内容に異議はない」は、同じ考えである姿勢を示す状況を表しています。

 

「異義」の意味と例文

一方、「異義」はどうでしょうか。

「異義」の意味は、「異なった意味」です。

「異」の【他と違っている】と「義」の【意味】から、「異義」は【一つの言葉に対する他と違う意味】となると言えます。

こちらも例文を見てみましょう。

  • 「身長」の同音異義語は「慎重」です。
  • 人々が間違いやすい言葉の異義を訂正する。

一つ目の例文にある同音異義語は、「異義」を使用した最もなじみのある言葉でしょう。

二つ目の例文にある「異義」は、間違いを訂正するために使用されているとわかります。

現在は、「異義」のほとんどが「同音異義語」として使われているそうです。

「異議」「異義」のどちらも比較的堅い言い方なので、使用頻度は少ないでしょう。

ですがそれぞれに意味が異なるので、使用する場合には意味を確認しましょう。

「異議」と「異義」の違いまとめ

以上「異議」と「異義」の違いと正しい使い分けが、おわかりいただけましたでしょうか。

最後にもう一度、使い分けのポイントをお伝えします。

  • 「異議」は、一つの意見に対する反対や不服を表現する意見
  • 「異義」は、一つの言葉に対する異なった意味

ぜひ、この記事を参考にして意味や使い方をマスターしましょう。

-言葉の意味由来

© 2022 くらしく